TOEFLの長文リスニングも怖くない!英語耳を鍛える『シャドーイング』のすすめ!

短文のリスニングは得意だけど、長文になると途中でついていけなくなってしまう…。
リスニングはメモをとっている間に終わってしまう…。

そんな英語学習に関するお悩みを解決するのが、『シャドーイング』という学習法。
英語に興味のある方は、もしかするとどこかで耳にしたこともあるかもしれませんね。

英語で『shadowing』と表記するこの学習法では、「~の後を追う」と言う単語の意味の通り、耳から聞いた英文を追いかけるようにして、自分の口で発音していきます。
英文は、耳だけを頼りにして聞き取ることが必須。流れる英文が書かれたテキストなどは見ないで、耳で聞こえた英文を口に出す訓練を行いましょう。

『シャドーイング』を続けると、英単語を1つずつ聞き取る力が養われ、英語を一度日本語に訳して考えるというプロセスを省き、耳で聞いた英語をそのまま英語で理解することができるようになります。その為、耳で聞いた英語をネイティブのように瞬時に理解でき、長文のリスニング問題も全体像を簡単に捉えられるように。おまけに、英文を脳内で翻訳する時間も短縮できるので、必然的にTOEFLなどのリスニング得点を上げることができます。

リスニング問題の得点アップの為に、ぜひとも取り入れたい『シャドーイング』。
リスニング問題のCDを使っても、TOEIC満点を目指すようなハイレベルの方は洋画や海外ドラマを使っても訓練することができます。訓練を繰り返すうちに、英文を暗記してしまうと、暗記した英文を繰り返すだけでは十分な『シャドーイング』の効果が得られないので、適宜使う英文を変えてみてくださいね。

とは言え、慣れるまでなかなか難度の高い『シャドーイング』。まずは、英文に取り掛かる前に英単語から訓練を始めていくのがオススメです。新出英単語や、暗記したい英単語をいくつか選び、ネイティブの発音に続いて自分の口で発音する練習を行ってみましょう。

KOTOBAを使えば、英単語の音声も無料で視聴でき、自分だけの単語カードも作成可能。新しく学んだ英単語をKOTOBAに登録し、ネイティブの発音が追加された時点で『シャドーイング』すれば、英単語の学習と共に訓練を行うことも可能。英単語に慣れてきたら、KOTOBAのビデオ解説付英単語を探して、レベルアップしても◎。初心者さんでも簡単に始められる、『シャドーイング』。今日からKOTOBAで始めてみては?

(yukisuzu)


KOTOBAへの会員登録はこちらから

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この ウェブサイト は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。 Copyright © 2020 株式会社DMR, All Rights Reserved.