第6回 語源で学ぼう! per=すっかり・前を・通して

タグ: #<Tag:0x00007fbe2734e170>

語源で英単語を学びましょう。語源での英単語学習には以下のメリットがあります。

①関連付けて覚えるので、一度に沢山の単語を覚えられる。
②(①と関連しますが)複数の単語と関連付けて覚えられるので、単語の意味を思い出しやすい。
③スペリングを見ただけで意味を推測できる単語もある。

今回は「per」(接頭辞:すっかり・前を・通して)を取り上げたいと思います。

出典 pixabay

perは「すっかり・前を・通して」の3つの意味があるので順番に説明しますね。

まず、「すっかり」の意味の英単語から。そちらはカタカナにもなっているperfectで説明しますね。こちらはper(接頭辞:すっかり・前を・通して)fac_fic_fect(語源:作る)が、くっついて、一つの語、perfectができているのです。すっかり(完全に)つくること =完璧が正解です。

次はpermitです。 per「すっかり・前を」mitはラテン語 mittere が由来で、 to send「送る」を意味します。すなわち、permitは「行動を構わず見送る=許可する」という意味になります。permissionion(接尾辞:~する事)がくっついて、名詞になりました。【名】許可です。

perceiveは何でしょうか?想像してみてください。そうです!ceivereceive「受け取る」に見られるように、cap_cept_cip(語源:捉える) の意味ですから、per「すっかり・徹底的に」ceive「捉える」= 感覚をつかむ、知覚する、認識する という意味なんです。では、名詞を作ってみてください。そうです、perceptionです。receive-receptionから類推できますね。

面白いですね。どんどん単語が繋がっていきます。もう少し、進めていきましょう。次は
persistという単語をみてみましょう。perは「すっかり」でしたね。それに「立つ」という意味のsist がくっついて、「固執する」という意味が生まれました。

次に語源perの持つもう一つの側面である、「前を」について取り上げます。
perspectiveという単語をみてみましょう。per 「前を」spec_spic(語源:見る)iveは(接尾辞:~の性質の)という意味ですから、perspectiveは「前が見える性質」=「見通し」「展望」「見方」という意味なのですね。

最後は、「通して」ですね。例としてperfumeを挙げます。 per「通して」fumeは 「煙」なので、perfumeは香水という意味になります。通例~sで「香気、においの強い有毒なガス、煙、煙霧」という意味もあります。強すぎる香水は、いただけませんね。

最後に「通して」の意味から成る、英検1級でも取り上げられる難易英単語「perennial」をご紹介。per「通して」、次の"enn"はannual(1年の)が変化したものです。従って「perennial」は「1年を通して」という意味になります。

接頭辞、「per」からたくさんの言葉が覚えられましたね。この調子で、芋づる式に単語を覚えるのは、語彙を効率的に増やす良い方法です。論理的に理解できるので忘れにくいというメリットもあります。

尚、KOTOBAにはネイティブスピーカーの実際の発音を聴ける機能があります。上記の「perennial」の"per"の部分は他のper(接頭辞:すっかり・前を・通して)の英単語と発音が大きく異なります。意味を効率よく覚えたついでに各々の単語の以下の箇所で発音もチェックしておきましょう。

また、per(接頭辞:すっかり・前を・通して)の残りの英単語も以下の赤枠内のタグをクリックして表示させ覚えてしまいましょう。

語源学習のメリットとして、知識があまりないところからでも難易度の高い英単語までを比較的短時間でカバーできる点が挙げられます。

次回もお楽しみに!

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この ウェブサイト は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。 Copyright © since 2018 株式会社DMR, All Rights Reserved.